おやすみしない嘘つきの書いたブログ

 

1月12日に書いたブログの下書きが残っていたので残っていたところをそのまま更新します。

 

 

 

日々明るい気持ちと暗い気持ちを繰り返して生きていますが、誰だってそんなもんでしょう?と自分の気持ちの波を肯定している。んなわけあるか自分に都合のいいように自分を解釈して回り傷つけてるかもしれないんだぞ、私殺人犯かもしれない。明暗も薄く、常に一定に、ニコニコ穏やかでいたい。

 

 

今は暗い気持ちなので、ツイッターで『大森靖子』を検索し、初代大森靖子を筆頭にアイコン超かわいい大森靖子がたくさんいて、そうだよねこれが大森さんのいるべき世界だと、大森靖子のいる私の世界を黙々と創り上げるならまだしも、大森靖子のあるべき世界のようなものを勝手に決めつけ創り上げ大森さんの自由を私の思考の中で奪おうとしていた。でも大森さんはそんなあるべき世界など決めるような方ではなく、大森靖子を愛するひとりひとりを"ちゃんと"愛しているとわかっているのに、そのちゃんとの愛から自分をこぼれ落としてしまう。というこの文も大森靖子を決めつけているもうダメダメなものではあるが、大森さんは大森靖子を好きだという人を決して見捨てはしないとそう思っているのは本当。話せば話すほど大森さんの魅力を私は語れない事実に落胆しているところ。

 

 

先日の旅行中、雑貨屋さんで小さなガラス製のベルを買った。知らない街の知らない道で見つけたアンティークのお店で気に入ったものを買ってみたいという願望があったので、大きな家具や高い小物は買えなかったけれど、ちょうど手軽な大きさで手軽な値段のベルを買った。きっと悲しくなったときチリンチリンって鳴らすと何かが助けに来てくれるベルだと思う。家に帰って開けた嬉しさでもう何回もチリンチリン鳴らしているけど。キラキラかわいいからやっぱりなんでもない時も鳴らそうと思う。お気に入りの物が増えるのは嬉しい。自分で買った物に自分の心が救われる。お気に入りは絶対増やしたほうがいい。

 

 

 

毎日感情は死んでいるとばかり思っていたけれど、そうでもない日があったんだねと1月12日のブログの下書きを読み返して思ったのでした。いつの間にかちゃんとしたいときに聴く大森さんの歌から、大森さんの歌を聴くときはちゃんとしたいに変わっていることがあると気がつきました。ライブのときは毎度ちゃんとして会いに行きたいと思ってはいたけれど、自宅で音楽を聴くときにまで自分の精神状態を整えなくちゃいけないのつら。大森さんの音楽はもっともーっと私のすぐそばにいるよ。私の中にいるよ。いつもそこにいてくれてありがとう。消えないでいてくれてありがとう。私が消さないようにしているんだけど。ふふふ、大好きだよ。いつも優しさをありがとうね。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございます。こんなブログでも読んでくれる方がいるのなら、そんな超優しいあなたになんだか幸せな瞬間ができるだけたくさん訪れますように。ありがとうございました。また気が向いたら書きます。また読んでくれたら嬉しいです。

 

あなたへ自己責任なブログ

 

駅伝を見ていて思い出したことを今度は忘れないようにここに書き残し記録しておきます。駅伝を見たくらいでこんな忘れていた過去のことを思い出したから今日は頭の調子があまり良くないんです。

 

私は中学高校と運動部に所属し、放課後休日と毎日部活に明け暮れ練習を重ねていました。高校時代の部活の記憶はほとんどない、たぶん忘れたいと強く願っていたので私は都合よく忘れてくれたのですが、中学時代は特に忘れたいような記憶もなく、時間の流れとともに薄れていった記憶がほとんどなのでなんとなく思い出せることが多々あります。今日駅伝を見ていて思い出した記憶は確か中学時代のものだったように思います。

 

挑戦する人はその人が生まれ持つ才能や習得した技術、様々なものを持ちいざ挑戦する場、本番(学生時代の私の場合は試合)を迎えるのですが、先に述べたものの他に"今までやって来た自分"という自分の過ごした時間に対し生まれる自信も持てるのだと思います。流れた年月の時間でなく自分が意思を持って過ごした時間です。人に流れる時間は365日24時間一緒ですが、明確な意思を持って過ごした時間は人によって様々だとおもいます。そして本番では、その自信こそ自分の持ち得た能力の全てを発揮するための最大の武器になると思います。なんとなくという曖昧な自信ではなく、今までやって来た自分自身への揺るがない自信こそ、本領発揮につながると思いました。

もっとこうしておけばよかったは結果論なので、これから本番に向かう人間には不必要なものです。今目の前にある何かに立ち向かうため、自分の今までの時間の全てを溜め込み持つことが大切だと思うのです。それが自信です。自信があればなんでもできる、というわけではありませんが、スタート直前の今の自分を、今までという時間を溜め込んで挑んでいる最中の今の自分は超えていくと思うのです。

駅伝は順位がつくものなので勝ちが目に見えてわかるのですが、順位のつかない勝ちだったあって、それは今の自分をもっと先の今の自分が超えることだと思います。自分に勝たなければ誰にも勝てないんです。

そして過ごした時間の自信は、もうダメだという最後、持てる全ての力の残りひとしずくを振り絞る力になると思います。追い上げは目の前にいる相手ではなく自分を超えているんだと思います。

 

 

私はもう中学時代の私ほど頑張ることもできないし、自信だってどこでどうつけたらいいのかわからなくて自分を励まし慰めうまくやり過ごし、生きてるのか死んでるのかよくわからなくなることがある。私は中学時代の私を超えられない。という壁を自ら作り上げている。それでも生きたい今の自分を生かすため生きてるって感情を欲して感じては泣いて生きてる。

自信って生きる上でとっても大切だって知っていたはずなんだけどな。

 

 

恥ずかしいブログ。言葉もうまく使えないし。何を言いたかったんだろうね。生きててね私ってところかな。がんばろ

 

 

ここまで読んでくださりありがとうございました。過去を語っている時点で今の私はもうダメなんです。ダメってことをわかっていながら脳内に留めておけずこうして目に見えるように書き出してしまうことがもっとダメなんです。ダメの永遠ループです。どうかダメな私を叱らないで。泣いてしまうから。

 

助けて欲しくはないよ。自分を助けられるのは自分だけだから。がんばれ。

 

 

最後の最後までありがとうございました。私の記録があなたの記憶に流れてしまいました。読んだあなたの自己責任、私を許してね。でも読んでくれたことは嬉しいです、心からありがとうございます。また気が向いたら書きます。

 

死んでても生きるよ

死にたくなっても死ぬまで生きるね

 

ここはブログだよ安心してね

 

助けてほしいです。この漠然とした死にたみから。私何も悪いことしてないのに交番でわけもなくいいわけしちゃって死にたみを隠しちゃうだろうし、でも死にたみを隠すほどの見繕った自分は本当はなくて、消しゴムでごしごししてたらグシャって破けてぼろぼろになった私の方が本当の私だったんだよって思うんだ。私はこれでいいのこれが正しい姿だったの。

 

でも愛はちゃんとあるんだよ。嘘じゃないよ。隠さないからちゃんとあるって信じてよちゃんとするから。ぼろぼろだけどちゃんとするから。

 

 

大森さんの歌では"ちゃんとしたい"という歌詞なんだよね。大森さんの言う"ちゃんとしたい"という言葉にどれだけの愛が詰まっているか考えただけで私はあなたは愛だって痛いほど伝わるよっていつも歌に返事してた。

 

 

冬は寒いので手がかじかみますね。ブログを書く手がどんどん冷たくなっていますね。

 

 

あいしてるよ

おでんの白滝くらい.com

 

おでんは大根と白滝とたまごが好き。あとちくわぶ

 

 

お誕生日おめでとう私!今日誕生日じゃないけど。

 

 

"茶髪にしないでさっちゃん彼氏つくらないでさっちゃん"の前に"成長しないでさっちゃん"がくるインパクト大きいな。茶髪にすること彼氏をつくることは成長することではないみたいに聴こえちゃう。成長ってなーんだ。なぞなぞ。答えがわかったらこっそり耳打ちで答えてね。

 

 

だいすきだよ

あんまんくらい.com

 

 

私のオススメに面白いものはひとつもないから1人なの?そんなわけない大森さんは素敵最高面白い。たまに1人はさみしい。風が引きたい。

 

 

私の全てが載ってるかもしれないブログ.com更新して大丈夫かな。せっかく書いたんだから更新しちゃおう。

 

 

明日も街は歩けずとも

 

歩く歩く歩く

一歩一歩一歩

いちにっさん

 

 

死にたみに中指立てて殺してしまおうかばーん。ばーん。ばーん。

知ってた?いつも無駄にバカみたいに出てくる涙は今日みたいな日に使うんだよ涙出てこい。

 

 

おしまい。

読んでくれてありがとうございます。

 

それではここでCM

 

希望休は大概ライブに行っていると知る上司がいるのですが、その上司に大森さんのどこが好きか、歌?生き様?等最近聞かれるので答えようとするも毎回うまく伝えられない私です。その上司より楽曲がよければ売上の数字に出るだろうしとも言われましたが、数字に出ない名曲がどれだけあるかははっきり言って個人の好みや響くものの違いもあるので数字だけが全てではないと思いつつ、確かに大森さんは数字には出にくいところはあるかもしれませんがとボソッと言ってしまう。でもでも上司の目に届く売上の数字には見えなくても、結局はライブの為に身ひとつで遠くの県まで行ってしまう人がいること、私自身が大森さんにそこまでの魅力があると今伝えられる唯一になっている気がした。言葉を持っていればもっとちゃんと伝えられたのにね。遠くに行くことだけが好きの証明ではないって知っているのに。

ちなみに上司はそこそこ優しいので大森さんを知ろうといくつかYouTubeで動画を見たと言ってくれましたが、私がすかさず「大森さんはYouTube見て知った気になって、という歌を作っています」とお伝えすると苦笑いで会話が途絶えてしまった。同じ空間にいた別のバンドのファンでよく遠征してる後輩の子は、先回りされましたねとかなんとか上司の肩は持たずに現場に行く大切さに頷いてくれた。

 

大森さんのCD大好き、大森さんの動画大好き。だからライブで会えることがずっともっと大好き。

 

大森さんやライブについての話が終わり話題が変わったかと思いきや、その上司が次に言い出したことが『今日ポッキーの日じゃん!』だったので、私はすかさず『大森さんポッキーのCM歌ってますよ」と返し、森羅万象大森靖子につなげられるんじゃないかと思う今日でした。

 

このブログがラジオだったら…何を言っているか自分でもよくわからないけど、このブログがラジオだったら今ここで私の声切って『♪ポッキーを 食べながら 少し話そうよ…』とCMを挟みましたね。挟んだら最高ですね。ブログを読んでいらっしゃる方は自分の頭の中で再生するか、自分のなんらかの機会で再生してください。

 

https://youtu.be/PODHRJN54yc

 

…ラジオじゃなくてブログでも間に挟めましたね。ブログは文字だけじゃないんだと思い出した今日のこのブログでした。

 

あーーー、ポッキー食べてない。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。また気が向いたらポッキー食べますじゃなくてブログ書きます。割と本気でポッキー食べますと打ち間違えたのでこのまま更新します。また書きますので読んでもらえたら嬉しいです。

 

レベルアップ

 

自撮り。私にとってプリパラのマイキャラの画像をツイッターにあげている瞬間は、一般的に自撮りと言われる写真をSNSにあげているときの気持ちと一緒だ、と私は勝手に思っている。私は私のマイキャラを介して自撮りをSNSにあげて"いいね"をもらっているの。ふふふ。楽しい。自撮りは遺影。

 

まずプリパラとはテレビ東京で毎週放送されているアニメである。今は"夢川ゆい"が主人公のアイドルタイムプリパラというシリーズが放送されている。私がいうプリパラとはこのアニメがゲーム化され、主にゲームセンターなどに置かれている筐体で遊ぶもののことである。自分のキャラのデータ(名前やランク、所持している髪型や髪色の情報)が入ったQRを読み込ませ遊ぶ。このQRの入ったカードのことをプリチケという。プリチケにはマイキャラのデータだけでなく、1枚のプリチケに1枚のコーデの情報が入っている。ヘアアクセ、ワンピ、シューズなどである。これらを組み合わせ着せ替えマイキャラはアイドルとしてステージに立つ。あとは選択した音楽に合わせボタンを押すだけの簡単なリズムゲーである。ラブアンドベリーというと想像しやすい人もいるかもしれない。こんな遊びに20も半ばの私がはまり、プリパラおばさんとしてマイキャラを育て始めた。

 

プリパラは私がなることのできない私になれた。初めに顔のパーツが決められて、レベルが上がれば髪の毛をかわいく染めて結んで眼の色を変える、遊んだ分洋服のコーデが集まって、普段着ることのできない洋服を着て、かわいいポーズをとってかわいい表情を当たり前にする。かわいいに溢れている。それでいてかわいいでしょって当然の顔をしていられる。最高。現実の私はかわいいと言われることが苦手だけどかわいいが大好きだからかわいいと言われることは嬉しいことのはずなのにどう反応していいかわからない。かわいいと評価される側にいたことないというのもあるけれど。とにかく反応がわからない。かわいくないですやブスですという言葉は、返事にしても自発的発言にしても相手を疲れさせるだけなのでなるべく言わないようにしている。そんな私自身の身になるとぐちゃぐちゃになってしまうかわいいが、プリパラだとかわいいとまっすぐに言うことができる。だってかわいいから。私が創造したかわいいが本当にかわいく目に見えてそして動いてくれる。幸せだった。やっと見つけたかわいいの在り処だと思った。私がどれだけかわいいと言っても、他の人には私が私自身ではなく私の創作したマイキャラを見てかわいいと言っているように見えるから、そうだねかわいいと同意を得られたとき、当然だよかわいいんだからと堂々としていられた。『私はかわいい』をずいぶんひねくれた形で肯定できた。

 

ゲームの中のキャラをレベルアップさせてかわいくしても現実の私がちっともかわいくならないことくらいわかっている。でも初めに書いたようにマイキャラの画像は私の自撮りだから、ゲームの中のキャラがレベルアップしてかわいくなれば現実の私の見た目が何も変わらなくてもかわいいは増幅している。私の創造したキャラを私がかわいがる、私が私をかわいがる方法をちょっと見つけたと思った。

 

プリチケがもう手元に戻らないかもしれないと思ったときに殴り書きしたブログ。よくある話といえばよくある話だよね。ゲームの中で自分がなれない自分になるなんて。

 

 

こんなぐちゃぐちゃに書いたけど、どうやら私のプリチケは私の手元に戻ってきそう。よかった。かわいいマイキャラでまた遊べることが嬉しいな。

 

昇華昇華。プリパラをもっと尊く遊び続けるために書いたブログでした。ここまで読んでいただきありがとうございました。プリパラの筐体の楽しさとは全く直結しない内容ですが私の楽しいを回りくどくまとめられてよかったです。言葉にするのを面倒くさがると楽しいの一言で完結してしまうので。ブログに書けて、もしかしたら読んでくれる人がいて本当によかったですありがとうございました。お一人おひとりに感謝を込めて。

 

からっぽストロー

 

今月更新していないブログに今月誰かがアクセスしたらしい。とアクセス数が0でないのを見て気がついたが、これは私自身ではないかと自分の記憶もアクセス数がカウントされる仕組みもよくわからない。ブログの仕組みはどうあれ、自分の記憶は自分しか記憶できないのだから覚えていたい。

 

 何の限界が来ているのかわからないがそろそろ限界な気がする。そんなに曖昧なそれって本当に限界?限界じゃないですごめんなさい。限界なんて限界にならない限りわからないですごめんなさい。って私は私を脅すし私は私に謝るし、いい加減私は私をやめたい。自殺なんて外でやってくれ?仮想的自殺が内側の私の死だとしたら、外での自殺は肉体的に死ぬということかな?外で自殺しちゃダメじゃんね、内戦自殺。ここは東京は東京でも東京ではないから車なんか飛ばさなくても私の死骸埋められる場所なんてたくさん思いつくよ。私は私にどこに埋められたいか考えておいてください。気が向いたらそこに埋めてあげる。優しい私。

 

私は私のおそらく悪いものの詰まった膿みたいなものはブログで吐き出すよ。えらいでしょ私。誰にもぶつけない、なるべく私が受け止めるよ。ただこのブログを見ることを選択した人の目にのみ入ってしまう。読んでくれている方ごめんねこんなブログで。ごめんなさい。非公開にしないことが私の希望であると思うのです。ツイッターのアカウントもそう、鍵をかけないことが少しの希望だよ。

 

 

ここから私の人が変わるけど、私が大森靖子を知り聴き始めた頃、あたし天使の堪忍袋、ハンドメイドホームは本当に好きで他の歌が入ってこないほどYouTubeのライブ動画やCDアルバムで盲目的に聴いた。今では上の歌に加え、同アルバムで言えば秘めごとやIloveyouなどが至極好きで、とにかく好きな歌が増えた。何を言いたいかというと、魔法が使えないなら死にたいからあたし天使の堪忍袋とハンドメイドホームが選曲されたということが私には嬉しいのだ。好きになりたてにたくさん聴いた歌が入っているということは、ベストとしてこれからたくさんの人が聴き馴染むアルバムとしてとてもよいのではないかと思った。ただし私個人が当初たくさん聴いていたという他人には全く当てはまらない根拠を元によいと言っているので信憑性が皆無なのがいけない。ふふふ。新宿と夏果てでねもしゅーせいこを思い出した。生活保護ではしからはしまでみつあみをした女。コンビニで1番高いアイス。ミッドナイト清純異性交遊や君と映画の並びに愛してる.comの弾き語りがここで同時収録になったことにも意味があると思うから君と映画が今回も収録されたことは嬉しい。ただ私が君と映画が好きというだけかもしれない。焼肉デートのいつかしずかなとこで2人だけで話したいねはファンクラブ抽選10分独占企画を思い浮かべた。1曲1曲の歌のもつ仕事の個性を聴いているうちにその歌からいろんなエピソードが思い浮かんじゃうの大森さんが歌い続けているからで、それらの歌がその場その時の聴いている自分によって聴こえ方が全然違ってくることは大森さんが歌い続けている業だなと感じている。そうだよ、誰がなんと言おうと私はいつだって大森靖子が好きだったよ。そんな大森靖子を更新し続ける靖子ちゃんが大好きだよ。好きなんだよ誰もわからなくていいけど。

 

 

残酷!こういうぐちゃぐちゃまとまりのないブログ。このブログを読みきった君と私はみっくしゅじゅーちゅになれちゃうかもね。

 

 

ここまで読んでくれてありがとうございました。読みきってもきっと君と私はきっとみっくしゅじゅーちゅにならないので大丈夫です。また気が向いたら書きますので、また読んでくれると嬉しいです喜びます。それでは、

 

ブログの中身はブログを読まないとわからないんだ

 

街灯

はたらくおっさんで ぼくの世界がキラキラ

 

 

私は大森靖子さんの歌『TOKYO BLACK HOLE 』に至極弱いので、聴くと泣いてしまう瞬間が度々ある。それはライブや今。なぜ泣いてしまうのかはっきりはわからないけれど、東北の中途半端な田舎にある家の中の布団の中で泣き寝入りしていたボロっちい自分が救われて行く気がするからだと思っている。東京に憧れ羨みでも諦めを持って、東京にさえいれば行ければなぜいつも東京なのだ、というぐるぐるぐちゃぐちゃの渦をTBHは包容してくれている気がする。ブラックホールだもんね。ブラックホール大好き。セーラームーンでもブラックホールは大事だから。全ての星が生まれ帰って行く場所。愛の説明、大森靖子さんとセーラームーンがあれば十分だよ?

 

あーあ。TBHからマジックミラーの流れが良すぎて次に進めない。赤い染みのパンティは生理なのか処女喪失なのかそれともまた違った何かなのか。今日はマジックミラーから進まなくていいや進めなくていいや。赤い染みのパンティは赤だけど、弱い正義で今宵射精は白だね。赤い染みのパンティ、射精、街灯、夜の海、色が綺麗な歌だなあ。

 

とてもどうでもいいことだけれど、私は大森さんに手紙を書くとき、大森さんがどの時間帯に手紙を読んでもいいように「おはようございますこんにちはこんばんは」と、とてもややこしく面倒くさく回りくどい挨拶をしてしまっている。大森さんが読んだときにふさわしい挨拶がしたい。大森さんの生活の時間枠にこの手紙を合わせたい。そうなんとなく思って書いた始まりから抜け出せなくなり、いつもこの挨拶をする。多分こんな人私以外にもいると思う。

朝には朝の 夜には夜の 挨拶を 愛し方を

繰り返すだけ

繰り返すだけだけれど。

 

とてもどうでもいいことだけれど、私はたくさんの人に愛されたかったけれど、私自身がたくさんの愛を受け入れる器を持っていなかったから、たくさんの人の目に触れることに申し訳なさを持っているからそれはちょっと無理で、無理だったんだ。そもそも私はたくさんの人に愛されるだけの愛自体を持っていなかったというオチ。たくさんの愛を受け入れるうさぎちゃんになりたいし、たくさんの愛を受け渡す美奈子ちゃんになりたい。どっちも持つのが大森靖子さん。大森靖子という存在そのものが愛だよな。あーあ。少しつまらないこと言ってしまったかも。大森靖子はこうであると断言するのはつまらない行為だとわかっているのに、例えば神様とか。神様だけど神様ではない。愛してるなんてつまんないラブレター。ラブレターという物そのものが愛を伝える手段だとわかった上で愛してるなんて書いちゃったら負け。

好きだよ靖子ちゃん

 

 

と、つらつら書いているうちに手動巻き戻しを忘れてしまい『愛してる.com』にたどり着いちゃった。愛してる.com好き。1曲リピートで聴いた回数が今までで1番な歌だと思う。本当に不思議にずっと永遠リピートできる歌なの。歌が歌詞が歌を更に綺麗にしている。

思い出だけ綺麗なんて 大人のやることよ

腐らないで

たった今聴き終わった歌は思い出。あれれ、でももう1度聴き始めたらびっくり。思い出と同じくらい、思い出よりも綺麗だなんて!あーあ、歌詞が楽しい、歌が楽しい。かわいい。

 

 

あいされたーい

ちゃん付けで呼んでほしい。

 

 

ここまでお付き合いありがとうございました。あなたが生きている時間の少しを私のブログにくれてありがとうございます。特別なお返しは何もできませんが、読んでくれてありがとうの言葉は本当です。読んでもらえること嬉しいです。また気が向いたら書くので気が向いたときに読んでください。