読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

高速道路は乗るより眺める方がいい

 

 

大森靖子さんがブログを書いていたのでブログを読んだ。せっかくなので高速バスで移動中の私もブログを書く。大森さんがブログを書いていたからそうだ私もブログを書こうと思っただけで、大森さんのブログを読んで伝えたい何かがあるとかそういうんじゃない。私は私の内臓をもってブログを書くだけ。ブログで内臓の見せ合いっこは私が一方的に文章を重ねるために難しいと思うから、見せ合いっこにはならない私のブログは私の内臓の見せ逃げ。歌詞や文章を書かない私には内臓を見せるところがブログしかない。タダで内臓を見せてるの。今の私どんな表情してるだろう。内臓を見せて苦しがってるかな、それとも喜んでいるかな。ブログは好きだけどそんなに書かないから好きって言葉あんまり信じてもらえないかな。ブログは書くのも読むのも好きだよ。

 

 

私が大森さんに出会ってから大森さんが見せて肯定してくれた内臓がたくさんあってぐちゃぐちゃだった私の内臓もああ内臓ってこうやってできるんだって形や色を持った。それは大森さんの内臓を見ていたはずだけど大森さんの内臓と同じにはならなくて私が持つもので作られた私だけの私の内臓だった。私は自分の身体のパーツはあれもこれもあそこも汚いと思っていたけど、人には見えない内臓だけは大森さんに肯定されとてもこころが満たされたし綺麗になれたようだったし生きる自由を得たようだった。身体があってその中には内臓があってこころがあるって大森さんに教えてもらった。大森さんは大森靖子を通して私の内臓をたくさん肯定し、こころをたくさんたくさん満たしてくれた。だから私は大森靖子が好きだし大森靖子さんである靖子ちゃんが大好き。それは出会った時から今でもずっと。

 

 

私から出る言葉が薄っぺらい気がして好きを伝えるのを怠っていたら好きって気持ちも薄らいでしまうかな?気持ちは薄らいでしまわないけれど失っているものはある気がする。言葉にするのやめたらいろんなもの失った気がする。ほら何を失ったか気がつかない。鈍感鈍感。鈍感になるってことは敏感さを失うのかな。もともと鈍感だったか。

 

 

TOKYO BLACK HOLEを聴いた時『街灯はたらくおっさんでぼくの世界がキラキラ』って東京に連なるビルの灯りだってすぐに情景が浮かんだ。私が生まれ住んでいた町の夜にビルの灯りはなくて、道路に等間隔で並ぶ街灯や家の灯りがわずかに漏れるくらいだったから、東京に来て、夜がこんなに明るい街があることに驚いた。東京の明るさは昼より夜の方が絶対強い。その分暗さの黒が増すんだろうけど。前置きが長いけどTOKYO BLACK HOLEはとても好きな歌。だって歌の中に東京の街が見えたから。これが東京。

 

 

今度占いに行こう。仕事として私を客観視してくれる人の言葉を聞いてこよう。占いなんて行ったことないしすぐに忘れちゃうだろうけど。

 

 

私は夜の高速道路のキラキラも好きだよ。

 

 

ここまでお付き合いありがとうございました。まとまりのない文章だけど、久しぶりに時間軸と並行しない漠然とした思考をつらつら書けたのは楽しかったです。読み手がいてもいなくても私はここが私のブログである限り好きな時にブログを書こうと思います。気が向いたらまた書きます。読んでもらえると嬉しいです。読んでもらえなくてもいいやって気もしているけれど。

 

おしまい

 

おもしろいせいかつ

 

人に話すほどでもない話がどんどん溜まっている。おっさんと同棲を始めたこととか、指輪が欲しいといっていたことを私の軽口だと思われていたこととか、バイクの技能教習が今週末から始まるとか、欲しいバイクに目星がついたこととか、今日夢を見たけど内容は忘れた話とか、みんな春だからってよくそんな薄着で出かけられるなとか、欲しいと思った靴が2万円したとか、課長って書くはずのところ全部係長って書いてその課長に提出したこととか、髪の毛のあとがつきやすくて朝には大変なことになっているとことか、足のサイズが0.5㎝縮んだこととか、私が私の生活って面白いと思ったことはブログにしか書かないこととか。

 

 

いいな、今日のこのお天気の中バイク乗ったら気持ちいいだろうな。風が前から後ろに流れて、その風にバンバンあたって、周りの景色がどんどん流れて行くのを見るんだー。あー楽しみ。私も早く免許を取って愛車に乗ってどこかに行くんだ。楽しみ。その前に教習所に通わなければ。

景色が流れゆくのが好きで、どんどん遠ざかっていくのを感じられるのが好きで、だから新幹線より鈍行が好きで、結果寝台が好きに行き着くのだという話をしたら共感された。その人も遠ざかってる感は好きなのだそう。私が旅をするのに大切な1つのポイント『遠ざかってる感』。旅先に向かっているとも言うが、私には今いるところから遠ざかっているというのがしっくりくるのだ。

こんないろいろ考えなくとも、小さい頃から電車に乗るのが好きなだけなんだけど。私の住む町から大きな街まで行くのに、行きと帰りのトンネルの数が違くて、行きにいくつトンネルがあったか帰りにいくつトンネルがあったか、もうわかりきっていることなのに毎回確認してちゃんとあった!というのが幼児の私にはとても楽しかった。電車は楽しい乗り物という記憶が埋め込まれているだけなのだ。幼児の頃の楽しい記憶というのはなかなかの強さを持っていて、今でもドラえもんの映画は観に行ってしまうし、サンリオの小物も集めてしまう。今の私は昔の私の延長だとつくづく感じる。バイクだって叔父が持っているものによくまたがらせてもらっていた。かっこいいと思っていた。叔父に子供ができる頃バイクはなくなっていたけど。楽しいの思い出は強いな。それがずいぶん昔で今すぐの記憶でなければないほど、余計楽しかったと強く感じてしまう。過去の楽しいに今の楽しいが負けないよう、今だって私は私の楽しいを探して見つけて楽しんでいるけど。だってまたがっていただけのバイクを今度は走らせるつもりなんだから。真夜中にトンネルの数がいくつあるのかわからない旅に出て途中青函トンネルを通過したんだから。

 

 

もうすぐ電車を降りなくちゃいけないから今日のブログはここら辺でおしまいにしよう。

読んでくれてありがとうございました。

また気が向いたら書くので気が向いたら読んでください。

 

きのうのはなし

 

宝塚に行った。初めて行った。ずっと行って観てみたかった。あまりにも楽しみで駅前のビックカメラで倍率6倍の双眼鏡を買った。8倍と迷ってデザインの気に入った6倍にした。宝塚劇場では6倍で十分と言われたことも6倍を選んだ理由。店頭でものすごくプッシュされてたおすすめは8倍だったけど。結果買ってよかった。双眼鏡そのものも気に入ったのでこれはこれでよかった。会場に向かうのにあまりに気持ちが焦って、30分前には椅子に着席していたい気持ちだった(実際に座ったのは10分前とか)。宝塚劇場の入り口入ってすぐの赤絨毯見たら両手広げて天井仰いで床に抱きつきたい気持ちになった(少し大げさに表現しました)。でも階段の一段一段をもっと噛み締めたかったのは本当。夢の世界かよいいや夢じゃないと頭の中でぶつぶつつぶやいて、ただのエスカレーターにもエスカレーターがあるー、ただのトイレにもトイレがあるー、というほどのわからない感動。宝塚劇場のトイレに入ったことすら私には重要な思い出なのだ。重要な体験だ経験だ。そしてステージ。キラキラしていた。物理的にはもちろん、台詞のひとつにしても身振りのひとつにしてもキラキラしていた。1番はスターの方々が輝いていた。眩しいけどずっと見つめられる、化粧がビシッと決まっているからこその表情を見たくて見たくて双眼鏡を覗いていた。もちろんステージ全体を目に入れたくて双眼鏡を膝に置いていたときもある。なんと目の忙しいことでしょう。あーあ幸せ疲れ。私は宝塚を観たという経験により私の生活の充実度が上がる瞬間を体験してしまったのだ。帰りも終始ご機嫌で、お腹の空き具合ははなまるうどんだったのだけれど、今日という日をさらに盛り上げたく特別にしたく駅ビルでグラタンとチョコミントケーキのセットを食べた。宝塚を観てディナーにケーキまで頬張る…こんな1日決して欲張ってはいないとおもう。今日という日を完璧にするための私の1日の作り方だったのだ。もちろんこんな生活を毎日しているわけではないので、納豆ご飯を食べる普段の晩からすればとても欲張った夜なのかも知れないけれど、今日という日を作るためには納豆ご飯ではダメで、つまり必要なことであったのだから欲張りとは少し違う。贅沢な時間を過ごしたとは思う。過ごした時間そのものは贅沢であったとわかる。あーあ幸せごちそうさま。またいただきますします。日々お腹は減るんです、だから生きてるんです私。

 

ライブのチケットを一般発売で購入してみた。ちょうど仕事が休みだったから。1から数えるといつまでたってもたどり着かなそうな、見たこともない3桁の整理番号だった。それがなんだか面白くてしょうがない。当日が楽しみだな。

覚えていなくていいよ

 

好きだったのよあなた 胸の奥でずっと

 

昨日の職場の送別会、くじで決まったそんなに居心地の悪くない明るいテーブルの真ん中の席に座っていたはずなのにマッタクシャベラナイワタシ。先日おっさん彼に「〇〇ちゃんはコミュニケーション下手だよ」というようなことを言われ、初めて私は人とコミュニケーションが取れていないのかという意識を持つ。仕事場での必要事項の伝達や少しの談笑はできる(これも自分ができてると思っているだけで実際何もできていない可能性があることは置いておいて)、でも飲み会の席などで全く話を広げられない。思い当たることがありすぎた。話せないから聞くことに徹しようという勝手な役割は私の中の自己完結であるため他人がそんなこと知る由もなく、他人から見るとただただしゃべらないつまらない人になっているのだろうな。…そもそも大人数が集まる場でしゃべらなくなるのは昔からだし今に始まったことではない。それは自分でもわかっている。大人数でいる時の方が自己がふわふわつかめず透明になり何を話してもピンとこないため気持ち悪い。そして大人数でいる時に圧倒的孤独を感じやすいのが私の厄介さ。まあそこに気がついてからはなるべく1人を大事にしている。自ら選ぶ1人は寂しくない。ことが多い。でも私が1人が寂しくないことを知っているのは1人じゃないを知っているからで、1人じゃないを教えてくれたいろんな人には感謝をしている。それにしてもコミュニケーションが下手というのは致命的ではないのか、改善の余地ありかそもそも改善の必要ありか。

 

あなたしか見て無いのよ

今すぐに此処でキスして ねぇ

 

同い年の先輩が他部署の厄介者と付き合い始めたことを知る。門限が21時らしい。そうじゃない。あなたのその思考のもと行われる束縛は私を殺してるし、仮に束縛するとしてもあなたからもらって許せる束縛はそうじゃないのと私なら説明をする。わかってくれるくれないは別として私は私の意思を伝え続ける門限なんてくそくらえ。先輩は今のところ門限を守っているらしい。他人様の恋愛事変に首を突っ込んでも向こうさんからはお節介者なだけなので、いつでも私の中の喫茶店のドアを開けてお茶でも飲みにおいでの姿勢でいようと思う。私は大体の帰る時間さえ伝えておけばあとは勝手にどうぞという距離感がいいな。親ともそんな感じだったし、今の彼もそんな感じだし気にすらされていないときもあるしなんなら私の出かける予定全然覚えてくれないし…。 どこで何してたのという会話は束縛でなく話題の提供くらいの感覚で、私は私の時間を私だけのものとして過ごすことができないと死んでしまうと思う。

 

ここにきて閃光少女リピート

 

飲み会で何も話せなかったくせに、家に帰ってからおっさん彼に洪水のように話をしてお風呂に入ってあっさり眠る昨日の私でした。たぶんこのブログも昨日の夜の続きくらいの感覚。オチも面白みもない自分語りでした。おしまい

 

「私の話を聞いてくれてありがとう」

聞き手や読み手にそんなに感覚はなくても、私は私ために時間を割いてくれる人にありがとうの気持ち。

 

ギリギリの金曜日

 

大森靖子さんの池袋で行われたリリースイベントに行って来ました。池袋は少し苦手なのですが今日が平日だったから行けました。たぶん土曜日でも行けましたが、金曜日の方がましかな。金曜日よりはギリギリの木曜日の方が気持ちが楽で好きなんだけど。私はあまり金・土・日曜日が好きではないので。

 

…そんな曜日の話はどうでもよくて、リリースイベントに行って来ました。その前のラジオの公開放送も見て来ました。大森さんはなんであんなにかわいいんだろう。私、大森さんが生きているだけで嬉しいのに更にかわいいなんて恥ずかしくてどこ見ればいいかわからなくなっちゃう、全身見るけど。はあ。ため息が出るほどかわいかった。

 

ライブはとても久しぶりに行きました。前回のライブのことはどうしても誰にも話したくなくて家に帰ってわんわん泣いたのでどこにも書いていない。話を戻して今月鹿児島に行くことを考えていたけれど、唯一の休日を月末の旅行に回してしまったので(中日が送別会で旅行できない可能性出て来て今ふつふつ悲しい気持ち)行けなかった。でも17がちょうどお休みでやった!の気持ち。大森さんにとってはライブがオリオン座。ずっとそこにある。ステージに登ったらそれまでがどんなでも大森靖子になれる、大森靖子とファンひとりひとりがシンコペーション。大森さんのステージをいつまでもキラキラさせていたいな。大森さんが受け止め返してくれる何倍もの愛をファンひとりひとりが集まって更にいっぱいいっぱいに返して届くといいな、私もその1人になれればいいなと思いました。ね、そんなアナログシンコペーションがよきだった。歌詞カードを見て歌詞を追いながら初めて聴いた時よりも、目の前で大森さんが歌う歌詞が頭の中をぐるっと巡って次の言葉につながっていた。個性が反発して消えちゃったりするんじゃなくて共存融合してキラキラが生み出せたら素敵だろうな。私は誰にもならず私のままみんなになれる?みんなとぴったりできる?

そもそも初めて聴いた時からショートケーキ完璧のフレーズがとても好きでね、完璧主義の大森さんらしい歌詞で、つじつま合わせだとしても完璧にして事実にしちゃうところ本当に大好きだなって勝手に思う。そんな愛なら捨ててしまおうって、愛すら完璧にしようとする大森さんの究極的選択かもだけど、愛の大きさは地球規模かそれ以上の大森さんだから、きっと大森さんには捨ててしまう愛なんてなくて、むしろ捨ててある愛も落し物の愛も迷子の愛も拾っちゃいそう。愛は愛するだけじゃなくて、愛をどれだけ自分の中に取り込んで溶け込ませるか、あげる・もらうができて愛だよな。…この愛についての考え方をもっともっと思い出すにはセーラームーン読み返そう。そしてまた大森さんのアルバムを歌を聴こう。

 

ずっと大森さんは神様ではない、大森さんは生きてて1人の人間で女の子で…ってぐちゃぐちゃ“私と大森靖子”がわからなくなっていたけれど、今回のキチガイアはなんだって女神のアルバムなんだから、ほいっと簡単にはいかないけど、大森さんが私の神様になることがあってもいいのかな、と少し気持ちが楽になりました。そしていつまで大森さんの大森さん呼びを続けるんだろう私。源氏名…。…靖子ちゃん。

 

ブログでこれだけだらだらと文字を連ねるのに、握手会で大森さんを目の前にすると『かわいいです』『札幌行きます』『アルバムたくさん聴きます』しか言えない私でした。握手会、お話しないでお顔をじっと見つめるのは大森さん嫌がるだろうか。じっと見ていたかった。おめめがキラキラしてて、お肌がモチモチしてて、手がやっぱりあったかくて。全然足りないねなんて欲張り。

 

ここまでありがとうございました。また気が向いたら書きます。次はどんな内容になるか自分でも楽しみだよ。だから、よかったらまた読んでください。

 

移動する丸

  

新幹線や列車に乗りながらマップのアプリを開いて現在地の丸が移動していくのをぼーっと見るのが好きです。アプリでなく紙媒体の地図でも現在地や過去に自分の通った場所を追いかけるのが好きです。面白くて夢中になります。私は比較的地図の読める女だと思います。…そもそも地図の読める読めないに男女差なんてあるの?

 

今日も今日を過ごして今日という過去を作りました。私の過去は私のものでしかないけれど、誰かが少しでも共有していたら面白いなとお城を見ながら思いました。お城はすごいな。特に現存天守はすごいな。過去が時間を重ねて目に見えて現在にいる。すごーい。漠然とした凄さにそもそも持ち合わせていない語彙力が-1くらいになっている。不老不死だったらお城とずっと一緒に年を取れたのにね。

 

今日はとても疲れているので、どんなにおいしいおつまみが目の前にあってもビールは飲みません。今日の疲れは仕事の疲れではなく休みの疲れだから、ビールのおいしさもちょっと減っちゃう気がするんだ。私にとってビールがおいしいのは仕事の疲れの後だけ。今日は熱燗一杯ひっかけて布団に潜り込みたい。さぞかし心地よい夜になるだろうな。

 

みんなエロという概念を持つからエロく感じちゃうんだよ。といったような漫画を読んだ。そんなこと一言も書いてなかったけど。読めば読むほど面白い漫画。面白いなー。ひとりぼっちは怖いけど怖くないよ。ひとりでいる限り守られる平和だってあるよ。自分で守っているだけかもしれないけど。ネットで友達ができたのは1度だけだった。鬱でアル中の年齢不詳のお姉さん(?)。とても気軽に話しかけてくれてお互い変な詮索を入れずたまに話すだけ。もうアカウント消えてたけど。どこかで生きてればいいな。死んじゃってる気もするけど。漫画の話に戻って…戻ったところで私が好きな話という私の性癖がばれてしまうのでこの話はここでおしまい。あえて説明するなら大森さんのTOKYOBLACKHOLEが私の性癖に1番近い気がする。歌詞もメロディーも。…なんの話だろう(笑)発売から時間が経っても何度も何度も新鮮な気持ちで聴いてる大好きな1曲。むしろ発売から時間が経って私の中でも熟成されて、いつでも何度でもいつまでも新しいおいしさを噛みしめるような歌。それなのに漠然とした好きしか伝えられない悔しさ。ごめんね。

 

私化粧をするのやめちゃった。そもそも普段からしていたわけじゃないけどそれでもやめちゃったという表現が正しい。女の子へのルートからどんどん離れていってる気がする。私自身は化粧をしなくてもいいという意識が自分に根付いて楽としか考えていないけど。世間の評価は女を捨ててるとかかな?まあいいや。化粧は私にはいまいちピンとこなかっただけの話です。でもお化粧をしないと似合わない服があって、それらをたまにかわいいと思ってしまう自分もいるのでそこのかわいいは切り捨てなくてはいけないかな。…ぜーんぶ私の感覚だけど。私がYESというかNOというかだけの話。他人には見えない私のテトリスの話。楽しい。

 

 おっさんにホワイトデー何かくれる?と自分から話題に出してしまう。向こうが何か用意してしまう前に、私は私があげたチョコと同じくらいの値段のものをおねだりしなくてはと思っているのだが、欲しいものが思いつかない。私があげたチョコの倍もするお返しなんて受け取れない。何か欲しいもの、何か何か…今日買った漫画でもおねだりすればよかった。一緒に読もうってなったかもしれない。それでは向こうは不満かもしれないけど。何が欲しいんだろ、何が欲しいって言えば相手は楽なんだろう嬉しいんだろう。ずっと一緒にいてくれれば、本当にそれだけでいいんだけどな。

 

 今日はここでおしまい。ここまで読んでくれてありがとうございました。また気が向いたら書きます。

 

トロトロドロドロマーマレードジャム

 

 

すごく疲れているみたいだからいつも以上にネガティブなことが浮かぶし、いつも以上にダメな人間になっていると思う。ごめんなさい。自分がダメで困るのは自分で、自分がダメになったところで他の人はダメにならないけれど、ダメな自分から出る言葉によって不快になる人はいるかもしれないので謝ってしまいます。ごめんなさい。

 

 

ここしばらく自分のためのお洋服だと思う服を全く着ていないあるいは買っていない。お洋服を着ていない。私が着ているのは服の形をした布切れである気がする。お洋服が着たい。キラキラしたい。私にとってのキラキラで私がキラキラしたい。死にたくなるようなお洋服を着たい。死にたくなくなるようなお洋服を着たい。

 

大森さんのCDを全種買いたい。全ての歌をくまなく聴きたい。全種類買うお金で買える服があるかもしれないなんてこと考えたくなかった。ごめんなさい。

 

明日も8枚切りの食パン2枚にネオソフトとマーマレードジャムを挟んだサンドイッチを作ってお昼ご飯に持っていきます。自分で作ったはずなのに包みを開けるのが楽しくなるお昼を用意して、お昼の時間までワクワクを継続させるのです。そのため朝は少しだけ早起きしなくちゃいけません。朝寝坊の数分を犠牲にして作ったサンドイッチが、5.6時間近くのワクワクを継続させてくれるのなら安いものです。朝ちゃんと起きられますよーに。

 

 

書き出しがひどかったですが、ここまで読んでくれてありがとうございました。本当にありがとうございます。気が向いたらまた書きます。また読んでもらえると嬉しいです。